茨城県つくば市のイタリア車専門店スポルティーバ

オールド
アルファロメオ

スポルティーバのオールドアルファロメオは、旧車のイメージを払拭します

オールドアルファロメオの代表的な魅力といえば現在の自動車には決して見られないボディや内装のデザイン、そして今やなくなりつつある官能的なエンジンを共に味わえる高次元な走り。そんな魅力が満載されたアルファロメオですが今となってはその大半が半世紀も前の自動車ですので、本来の美しさや性能が色褪せて色々な難色を示す個体も多々見受けられます。そこで当店ではそんな貴重な存在であるオールドアルファロメオの魅力が色褪せることのないよう維持または復元するための機関系全面的な整備、内外装のレストアまで全てにおけるお手伝いをさせていただいております。既に所有のオーナー様はもちろん今まで憧れである存在から現実の存在へとご検討中のお客様まで、販売や整備、板金塗装まで全てに携わることを自社で賄えるスポルティーバならではのコストパフォーマンスは、必ずや旧車に対するマイナーなイメージを払拭できると共に精神面でも最大のサポートとなることを自負しております。

【当店で販売する105系アルファロメオがレストアに至った理由】

当店で105系アルファロメオの販売を始めた当初は、ボディに関しては部分的なリペイントまたはオールペイント、内装に至ってはリペアまたは張り替え、機関系がリフレッシュをメインとした消耗系部品の交換など、その全ての作業を自社内で行える環境にある当店では決してハードルが高いとは言い難い内容の作業のみで元来の105系アルファロメオが持つ魅力を再現した上で販売させていただいておりました。しかし、時が進むにつれて新たに入荷する個体の内外装や機関系のコンディションもよりハードなものになり、更には数年前からの世界的な規模でのクラシックカーの価格高騰で、日本でもモデルやそのコンディションに関係なく全般的に価格高騰などの背景もあり、105系アルファロメオを取り巻く環境が変化し以前のような価格帯で当店が思う理想の形に復元することが困難な状況になってしまいました。だからと言って以前と同じクオリティで、価格だけが上昇せざるを得ないということが当店にとっては一番心苦しく思うことでありました。
「以前の価格帯での販売が困難であればその価格に見合う、もしくはそれ以上の105系アルファロメオをご提供できないだろうか?」と考え抜いて出した結論が、一般市場では見ることのできないワンランクもツーランクも上の105系アルファロメオの制作です。ボディに至っては過去のペイント総剥離の上でパネル一枚一枚の状態を見直し板金もしくはパネル交換後オールペイントとなるボディレストア、各内装品のほぼ全ての状態を見直し張り替えや新規制作も含めた内装レストア、時にはエンジンやミッションフルオーバーオールを含む機関系レストアとそのほぼ全ての行程を自社で行う「レストア」の世界へ足を踏み入れることとなった次第です。 ※現在当店で販売をさせていただく車両はレストアを前提とした個体のみをストック。各々のオーナー様が思い描くご要望を盛り込みながら制作となるいわゆる「フルオーダー」となっております。

Body Restoration 【ボディのレストア】

しっかりとしたボディを持つ個体の走りは、現代の自動車並み

当時の自動車の中では群を抜いた高い動力性能の持ち主であることは一般的に知られていますが、ボディ性能もその高い動力性能に見合う構造で作られております。しかし今となっては約半世紀もの歳月を生き抜いてきた自動車。外装ペイントの劣化にとどまらずパネル自体の劣化が進んでいる個体も見受けられるのが実情ですが、現在でもボディパネルを入手可能なので大半のケースに対して復元が可能です。パネル補修・剥離〜オールペイントまで全て自社工場にて作業しております。

Interior Restoration 【インテリアのレストア】

各モデル専用のインテリアパーツが入手可能

今や約半世紀も前の自動車ですので個体によってはシートやルーフライニングに破れやステッチ抜け、ドアインナートリムの劣化などがあっても何ら不思議ではありません。しかし幸いにもそれらの張替のための専用シートカバーやルーフライニングなども入手できることからオリジナルに近い状態で復元が可能です。またダッシュボード上面の割れや木目調盤面の劣化に対しても、リペア技術を駆使した復元しております。

Exterior Restoration 【エクステリアのレストア】

現在の自動車にはない本物素材のまばゆい光…。

この年代のアルファロメオに使われている光り輝くパーツ類の素材の大半は、鋳物もしくはステンレスです。パーツによっては手間をかけることで元の輝きを取り戻すことができます。例えばステンレス製のバンパーなどは約10工程にも及ぶ機械研磨から始まり最終工程では丹念な手磨き、また室内の至る所に使われているエクステリアのパーツ類なども丁寧に磨くことで美しい輝きを復活させ納車いたします。

Engine System Restoration 【機関系レストア】

抜群のレスポンスを誇るエンジンが蘇る

国家資格を持つ専門メカニックにより、エンジン・ミッションなど機関系のセクションもほぼ全て自社工場にて作業・オーバーオールしております。当店にてオーバーホールされたエンジンは始動時の気難しさは一切なく、一年を通して季節ごとのキャブセッティングなどの調整も不必要に。更にはアクセルワークに伴うエンジン回転にリンクしたトルク感を体感できるなど現在まで作業をさせていただいたオーナー様方に大変ご満足いただいております。また蓄積した経験によりノーマル仕様以上のパフォーマンスをお望の場合はハイコンプピストンや軽量フライホイールなどのスペシャルパーツを組み込んだチューニングエンジンも製作可。各オーナー様が思い描く理想的なエンジンの製作を致します。

持ち込み車両の
レストア

すでに105系を所有されているオーナー様へ

当店の販売車両と同様な状態に制作致します

車両のお持ち込みでの105系アルファロメオのレストアも、もちろん御承り致します。理想的には当店の販売車両のように、一度でボディ、内装、機関系のほぼ全てのセクションに手を入れられるが理想なのは言うまでもありませんが、それが困難な場合でもそれぞれのセクションごとに分けてのレストアも可能です。ただしその場合でも、そのセクション内で可能な限りの箇所に手を入れた方が得策となるでしょう。事あるごとの作業の場合、せっかく過去に修理した箇所にも再度手を入れなければならないケースが多々あり、その都度に発生する工賃も重複。結果として、一時期に全てに手を入れるケースに比べコストが掛かってしまうことになりかねません。予算の兼ね合いも有ると思いますので、決して無理にお勧めはいたしません。ご相談のうえ、オーナー様の理想型に近づけるよう尽力致します。

スポルティーバがレストアをお勧めする理由とは

ボディしかり、内装しかり、機関系しかり、当店が行っております作業は、通常の補修や修理ではなく「レストア」と呼んでいるレベルの作業です。その作業をさせていただくには、それなりの対価は頂戴致しますが、その対価以上のクオリティは必ずお約束させていただきます。全てのセクションに対し当店で仕上げられた105系アルファロメオたちは、ビジュアルが美しいのはもちろん、向上した走行性能により高い所有満足度が得られることは当然の事。何よりコストだけを重視しながらの旧い年代の自動車にありがちな、事あるごとの修理入庫やコストを削減できるため、使用状況にもよりますが結果コスト低減につながるだけでなく、精神面も含め所有していくことが非常に安易になることが最大のメリットと考えます。ぜひ一度、ご相談ください。


バナー アルファロメオ ジュリア(105系)の買い取りはぜひ当店へお任せ下さい!! バナー アルファロメオ ジュリア(105系)廃車やスクラップなど、解体屋に連絡する前にぜひご一報下さい! バナー